歯周病が悪くなると…

 

TOP > 歯周病が悪くなると…

歯周病とはどんな病気?

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。

歯周病とはどんな病気?

プラークには非常に多くのバクテリアが含まれていて、そのバクテリアの出す毒素が歯肉に炎症を起こし、そして歯を支えている様々な組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)を溶かすのです。歯肉が腫れる、歯肉から出血する、口臭が気になる、歯がグラグラするなどの症状があれば歯周病にかかっている恐れがあります。

歯を失う大きな原因として挙げられるのは、虫歯と歯周病です。虫歯は現在では減少の一途をたどっていますが、歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位となっています。日本では成人の約80% が感染もしくは予備軍とされているほど。

しかし、虫歯の知識はあっても、歯周病について「よくわからない」という方がほとんどではないでしょうか?

現在、虫歯は治療技術の進歩によって減少の一途をたどっています。一方、歯周病はというと、その患者数は増加しています。日本人の成人の約8割が患者もしくは予備軍とされ、最近では小学生の約3割が歯周病の一歩手前の症状「歯肉炎」になっているとされています。

歯周病は「生活習慣病」であり「国民病」であることを、私たちはもっと強く認識することが必要です。実際に歯を失う原因の第1位となっていますので、軽視してはいけません。当院では、歯周病にてご来院いただいたすべての方に、歯周病のお話をさせていただいています。

このように当院では、お口の健康維持のために歯周病についてご説明し、注意を促すことから始めています。

歯周炎図

歯周病は成人の8割がかかっていると言われています。

1.ほとんどの大人がかかっている歯周病。

35~44歳の人ではおよそ81%、45~54歳では85%の人が歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。

2.歯周病は感染症です。

人は母親の胎内では無菌ですが、成長、発育過程で菌の感染を受けます。歯周病の直接の原因はこのようにして感染した細菌です。これが増殖しプラーク(歯垢)となります。

そこには外的要因として個々のライフスタイルが密接に関係しています。不潔、食生活の不摂生、喫煙などのために身体の抵抗力が低下することによって発症し、進行してしまうと考えられます。

3.歯周病と全身疾患との因果関係がとりだたされるようになってきました。
  • 歯周病と全身疾患中・重度の歯周病の妊婦は早産の危険性が7.5倍。しかも歯周病は飲酒や喫煙よりリスクが高く、早産の最大の危険因子となっています
  • 糖尿病の患者様は以前より歯周病になりやすいとされています。また、歯周病が原因で血糖値のコントロールが難しくなってしまいます。
  • 歯周病ではない方に比べて、致命的な心臓発作を起こす危険性が2.8倍、喘息や肺炎などの呼吸器疾患にも深く関わっています。
4.当院の歯周治療への取り組み。

歯周病は生涯の健康な食生活に不可欠な治療です。家で言えば基礎工事と同じです。

当院は歯周治療を重要視し、歯周病学会専門医および、経験年数10年以上のキャリアを持つ歯科衛生士が患者様毎に担当して行います。

歯周病はサイレントキラーとも呼ばれ、症状が重症にならないと自覚症状が出難い病気です。歯ぐきから出血する、口臭がするなど気になる点がありましたら、早期の検診をお勧めします。