歯周病でお悩みの方へ

 

TOP > 歯周病でお悩みの方へ

患者様とともに進める歯周病対策

歯周病は、進行すると歯を失うことにもつながる恐ろしい病気です。札幌 歯周病・予防歯科では、お口の健康を維持するために歯周病治療のコンセプトを掲げています。

患者様と二人三脚の治療を重視しています。

歯周病は、重症でなければ完治が可能です。適切な治療とメンテナンスを続けることで、一生自分の歯で食事を楽しむこともできます。そのためには、患者様に行っていただくご自宅でのメンテナンス(毎日の口腔清掃)が非常に大切です。

患者様とのコミュニケーションを重視し、インフォームドコンセント(説明と同意)を徹底しています。治療内容や費用、メリット・デメリットをきちんとご説明し、患者様にご納得いただいたうえで治療に入ります。
札幌 歯周病・予防歯科では、高い技術で歯周病の治療にあたるだけでなく、患者様が適切なホームケアを行えるようなサポートも心がけています。患者様と二人三脚で歯周病対策をすすめることが、札幌 歯周病・予防歯科の特徴です。
安心・信頼の場を生み出す!3つの共有と大切なプロセス
納得の治療 安心して話せる環境

当院の歯周病治療の考え方

実は、歯周病治療のコンセプトは非常にシンプル。細菌の塊であるプラーク(歯垢)が原因で生じる疾患ですから、原因となる細菌(プラーク)を徹底的に除去する事で歯周病は大きく改善します。

原因菌が潜んでいるのは、歯周ポケット内の根面に付着した歯石上とその周辺です。歯石は、歯垢(プラーク)が唾液や血液などからカルシウムを取り込み、細菌が関与して石のように石灰化したものです。歯石表面はザラザラして表面積が大きいので、細菌がそこに付着しやすく、さらに細菌(プラーク)の温床となります。歯石を除去しない限り悪循環が続き症状が悪化・進行します。

歯周病の直接因子は、プラーク(歯垢)です。そのプラークを除去するためには、歯科衛生士による適切な指導を受け、適切なブラッシング技術を身につけ定期検診、メインテナンスをしていけば必ず歯周病は改善していきます。

進行した歯周病で歯を抜きたくない方は、札幌 歯周病・予防歯科へおいで下さい。十分時間をかけ、納得いただける治療を心掛けています。

歯周炎図

歯周病治療では、ポケット内の歯垢、歯石を除去することが、すなわち細菌(プラーク)を除去することです。歯周病治療の基本は細菌(プラーク)を除去する原因除去療法なのです。

実は、歯周治療で最も大切なのが、日々行う丁寧なブラッシングです。札幌 歯周病・予防歯科では時間をかけて患者様とコミュニケーションをはかりながらブラッシング指導を行っています 。

通常歯ブラシ指導は月に1回が原則ですが、札幌 歯周病・予防歯科では患者様自身で適切なホームケアが出来るようになるまで、指導をさせていただいています。歯ブラシが正しくできなければ、再度歯周病になってしまう可能性があるからです。正しい歯ブラシができるようになってから歯石除去治療に入ります。

具体的には、歯周ポケット内の歯石はスケーリング&ルート・プレーニング(SRP:根面に付着した歯石を徹底的に除去)で機械的に除去します。とにかく、お口の中全体の歯をSRPします。途中で止めたら効果がありません。SRPには時間と技術が必要です。札幌 歯周病・予防歯科では、時間的余裕とスキルを持った体制で自信を持って日常的に行っています。短時間診療体制の医院では、徹底した歯周病治療は困難です。ですから、現在、治療に値する徹底したSRPをしっかりと行っている医院は誠に少ないのが現状です。

歯周病でお悩みの方は、まずは最後まで札幌 歯周病・予防歯科へ通い
お口の中全体にSRPを受けることが重要です。

院内写真

治療を中断してしまっては、それまで行った治療も無駄になります。歯周病を治したい方は、歯周病治療のコンセプトを理解した上で継続的に通院されることをお勧め致します。

SRPを徹底的に行い、歯石や歯垢(プラーク)の除去を完全に行えば、治癒します。反対に、SRPを充分に行わず、そのままメインテナンスに入ると、ポケット内の取り残された細菌(プラーク)が再び増えます(リバウンドします)。臨床症状では、ポケットの深化や出血の残存などが現れて、明確に歯周炎の再発や残存と認識されます。

そうならないためにも、充分お時間を頂いて細菌(プラーク)の除去(SRP)を徹底して行い、可能な限り完全な治癒に導きたいと考えます。 徹底的にSRPをお口の中で行い、しばらく期間をおき、チャート診査(歯茎の診査)をして以前と比較し、充分な治癒が得られなかった(ポケットが浅くならなかった、出血がある等の)部分は、再SRPもしくは、歯周外科手術を行います。(当院の治療方法を用いれば重症以外、歯周外科治療は行うことはほとんどありません )