なぜ当院は歯周病治療に力を入れているのか?「歯を残す」ことへの想い

 

TOP > 「歯を残す」ことへの想い

はじめまして、院長の山崎英彦です。 この歯周病相談室のHPを開設させていただいた理由を少しお話させてください。

挫折と挑戦

私は、昭和63年に大学を卒業し歯科医師になり、その後、一般の診療所で勤務医となりました。

勤務医として治療経験を積むにつれ、私は、治療した歯が再度悪くなって来院されたり、ずいぶん悪い状態になって、歯を抜かなくてはならない経験をし疑問を感じるようになりました。この様な事を繰り返さないためには、病気を予防すること、そのために虫歯予防と歯周病治療を行うことが大切だと思うようになりました。

私は、できるだけ歯を抜かないようにするために、歯を残すためにはどうすればよいかと言うことを第一に考え、歯周病治療と予防をきちんと行うべきだとの結論に達しました。

挫折と挑戦

なぜなら歯周病は色々ある歯の病気の一つですが、歯が抜けるようになる最も大きな理由だからです。 私は歯周病治療の技術をあげることが絶対に必要だ、悪くなる前に治療をすることで、なんとか歯を残すような方法を患者様に提案できるようにしようと思い、ありとあらゆる方法を勉強していきました。 しかし、勤務した医院では院長とは考え方が異なり、提案しても受け入れられることはありませんでした。

理想の開業と実際

理想の開業と実際

私だけが勝手な治療をすることはできず、それならば、自分の思うとおりにできる、自分の医院をつくろう、開業しようと思い、平成4年に札幌市中央区南11条西22丁目で開業しました。

私は理想に燃えて、歯周病治療や予防に取り組みました。

患者様に予防の重要性を一生懸命、熱意を持って伝えました。しかしなかなか患者様には伝わらず、残念ながら一向に歯周病治療を希望する患者様は増えませんでした。今思えば、私の伝え方に問題があったのだと思います。

歯科医院も継続していくためには、一定の収入が必要なのですが、患者様がいなければ、自分はもとより従業員にも給料を払うことができない、医院自体も継続できない。私は徐々に追い込まれていきました。

自分の考えが甘かったことを思い知らされました。自分には才能がないのではないか、自分の考え方が間違っているのではないか・・・。

私は、何かヒントを得ようと、必死でした。あらゆる歯周病治療の大家、権威と呼ばれる先生のところに勉強に行きました。

その中のひとりの先生に私の理想とする治療を行われている方がいらっしゃいました。私は無理やり押しかけ、休診日や診療が終わった後に勉強をさていただきました。

特にその先生の医院で学んだことをベースに、医院で自分なりに説明方法や治療方法を見直しました。

そうすると徐々に、患者様にも理解していただけるようになりました。今では、多くの症状に対応できるようになり、他院で歯を抜かないといけないと言われた患者様が当院にお越しになっていただけるようになりました。歯を抜かずにすんだケースがいくつもあります。

また、治療が終わって終了して終わりではなく、継続的にお口の中を管理させていただいています。

今では札幌、北海道中はもとより、海外からも患者様が来られています。

私自身も歯周病治療を極めようと思い、日本歯周病学会の指導医・専門医を取得しました。(この日本歯周病学会認定指導医は北海道内の3000人以上いる歯科医師の中でも14名しかおりません。)また、歯周病治療は歯科衛生士という国家資格を持つ職種の協力が重要なのですが、その資格者も4名在籍しており、うち1名は日本歯周病学会認定歯科衛生士です。

また、今では、現在、患者数増加により当院の診療理念に共感してくれている歯科医師も常勤するようになりました。彼らも、当院の治療法を学ぶために、現在、日本歯周病学会の専門医・認定医を取得を目指しています。

私の想い

近年、学会や講習会で、抜かなくてもよいと思われる歯を抜いて、インプラント治療を行うケースがよく紹介されており、私自身、少々違和感を感じています。もちろん、インプラント治療にも大きなメリットがありますが、やはり、自分の歯以上のものはないと思うのです。自分の歯で一生を過ごすことは究極の幸せだというのが私の信念です。

当院では歯周病治療を専門に行う歯周病専門外来を設置しております。

今では、歯周病でお悩みの方に少しでも役に立つことができるのでないかと思い、このHPを開設させていただきました。ご相談してみたい方はご連絡、お待ちしております。