院長ブログ

 

TOP > 院長ブログ

« 2016年12月 »
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

寝起きの口臭がひどいのは胃が悪いせい?
2016.12.30

札幌 歯周病・予防歯科、院長の山崎英彦です。

朝起きると口臭

寝る前に歯みがきしても、朝起きると口臭がするという経験はありませんか。

胃が悪いと口臭がきつくなるというのは本当なのでしょうか。

40代男性からの相談:「口臭と胃が悪いことの関係は?」

『口臭が強く、特に朝起きた時は妻に口が臭いと言われます。
寝る前にきちんと歯を磨いているのに、どうして口臭がするのでしょうか。
胃が悪いことは関係がありますか。
友人に胃が悪いと口が臭くなると言われたことがあるのですが、それは本当でしょうか。』

胃腸が関係する口臭もある

胃炎や胃潰瘍など、胃腸の不調により口臭が引き起こされるケースは確かにあるようです。

また、消化がうまくいかず食べ物が胃腸に残って腐敗すると、悪臭のするガスが呼気に混じって吐き出されるため、口臭の原因となります。

『口臭がきついからといって、病気があるわけではありませんが、体調不良に心当たりがあるようでしたら、人間ドックなどの健診を受けてください。(看護師) 』

『口臭の原因には口腔内が原因であったり、胃腸が関係したり、肝臓や食事内容が原因だったりと様々です。
胃炎や十二指腸潰瘍、胃潰瘍、逆流性食道炎、胃癌などでも口臭の原因となりますし、食べたものが胃内に残ったままとなるとそれらが発酵して臭いの成分が胃から血液中に溶け込んでしまい、それが肺でのガス交換(呼吸)によって口から呼気として排出されてしまいます。
これは食後すぐに寝てしまうなどで起こりやすいものです。(看護師) 』

胃腸以外の原因もチェック

口臭の原因としては、胃の不調以外にも口腔内疾患や口腔内の不衛生、唾液の不足などが考えられます。

唾液は天然の抗菌洗浄液とも言われるように、睡眠や口呼吸などで唾液が不足すると、口の中に雑菌が繁殖して口臭の原因となります。

朝起き抜けの口臭がきつい理由もここにあるようです。

『胃腸が原因であるのであれば、胃腸の調子を整えることで口臭は改善されることでしょう。
しかし、胃腸の調子が悪くないのであれば口腔内に問題がある可能性があります。
口臭の原因となるのは歯槽膿漏、虫歯、歯垢、舌苔(ぜったい)、唾液不足などが挙げられます。
喫煙習慣などあればとくにそれらの可能性も高くなります。(看護師) 』

『歯槽膿漏や舌苔、歯垢が原因であれば生活習慣やブラッシングで改善ができます。
虫歯の場合は歯科で治療をしない限りは根治することは不可能です。(看護師) 』

『唾液はだれでも分泌されるものですが、唾液は口腔内を清潔に保つ機能があります。
もし唾液の量が少なければそれだけ口腔内の雑菌が増えやすい状況になります。
朝にとくに口臭が強いのは口呼吸で口腔内が乾燥傾向にあるために雑菌が増えている可能性があります。
唾液の分泌を促すマッサージなどをすることで効果があるかもしれません。(看護師) 』

胃潰瘍や消化不良など、胃が悪いことが口臭の原因となることは確かにあります。

一方、口臭の原因が胃腸以外にあることも。特に唾液の減少は、寝起きの口臭と深い関連があります。

お口の衛生状態や健康状態、唾液の状態を一度きちんとチェックしてみましょう。

自分では気づきにくい「口臭」の危険な時間帯と場所とは?
2016.12.17

札幌 歯周病・予防歯科、院長の山崎英彦です。

口臭

ビジネスマンの普段の口臭について、オフィスのOLたちはどう感じているのだろうか?

全国の20代と30代のOLに、職場での口臭についてアンケートを実施。

すると、見落としがちだった口臭に関する問題が浮かび上がってきた……。

ランチの後、歯磨きさえしておけば大丈夫、と思っている人は要注意!

◎食後だけじゃない。口臭の危険な時間帯

口臭は自分では気がつかなくても、周囲が感じているケースが多い。

そこで、普段ビジネスマンと接しているOLに、職場の口臭に関するアンケート調査を実施した。

まず、職場で他人の口臭が気になった人は、何と8割超!

しかも、デスク周辺で気になった人が8割近くと、日常的に口臭を感じている。

また、時間帯も午前から午後と切れ間がない。

昼食後、歯を磨いておけば口臭防止は十分、と考えている人は要注意だ。

午後の時間帯は半数以上のOLが口臭を感じているのだ。

つまり、口臭防止は継続的に行なわないと周囲の人に迷惑をかけることに……。

とはいうものの、仕事中に何度も歯を磨くわけにはいかない。

そこで、活用したいのがいわゆるエチケットガム。

「におうかな?」と思ったら、いつでも口に入れられる便利さが口臭対策として支持されている。

【Q1】職場で他人の口臭が気になったことはある?

8割以上のOLが、他人の口臭を気にしたことがあるという結果に。

もはや口臭予防は、ビジネスマンにとって不可欠のマナーとなっているといえよう。

【Q2】どの時間帯で気になる?

ランチの後は歯磨きなど気をつける人は多いが、実は午前中から夕方まで、ほぼ一日中口臭はにおってしまっている。

特にケアしたいのは、夕方までの午後の時間帯だ。

【Q3】職場のどこで気になる?

席についている時間の長さを考えれば、「デスク周り」がトップなのは当然。

気をつけたいのは、エレベーターや移動中の電車など、相手との距離が狭まるシーンだ。

【Q4】他人の口臭が気になったら?

「その場から離れる」など、現実的な対策がトップ。

「特に対策はとっていない」が約4割と、半数近くのOLが他人の口臭をガマンしている実態が浮かび上がる。

◎口臭エチケットの傾向と対策

職場で行なわれている口臭対策を聞くと、やはりトップは「歯磨き」。

そして、エチケットガムや口内洗浄剤といったオーソドックスなものから、舌のクリーニングやマスクの着用など、職場で可能な限りの対策がとられていることがわかる。

また、水分の摂取や食事に対する配慮など、口臭への理解が進んでいることもうかがえる。

それでも口臭に悩まされる人が多いということは、口臭のしつこさを物語っているだろう。

この中で、特にOLに支持されているのがエチケットガム。

「気になった時にいつでも口にできる」「効果が長続きする」「席にいる時でも使える」などがその理由。

歯磨きだけに頼っているビジネスマンにも参考になるはずだ。

口臭外来って何をするの?
2016.12.1

札幌 歯周病・予防歯科、院長の山崎英彦です。

口臭外来

口臭治療の専門窓口である口臭外来。

ここでは、気になる治療の流れや内容ついてご紹介します。

●口臭外来とは?

口臭治療を専門とする窓口です。総合病院や歯科医院に開設されている他、口臭外来の病院として単独でも開設されています。

口臭の原因である口腔内疾患の検査や治療、医師からのアドバイスを受けることができます。

保険診療を中心とした一般的な歯科治療とは異なりますので、注意してください。

●治療の流れ

口臭外来における一般的な治療の流れをご紹介します。

○(1)予約

病院を決めたら、まずは予約をしましょう。

初診時には生活調査票・問診票(1週間分の食生活、生活習慣、既往歴、思い当たる原因などを記入)が必要となる場合があります。

○(2)初診

生活調査票・問診票を必要とする場合は持参し、診察してもらいます。

口臭の悩みは非常にデリケートな問題のため、クリニックによっては完全個室で診察を行うなど、プライバシー保護に努めているところもあります。

・問診口臭の悩みについて医師と相談します。

・検査専用機器を使用した口臭測定、口腔内検査、舌診、唾液検査、尿検査などを行います。

・診断検査結果の説明、原因の究明、食生活指導などを行います。必要に応じてその場での治療、次回以降の治療を決めます。

検査の結果、客観的に原因が見つからなかった場合は、心理的口臭(自臭症)の可能性もあります。

その場合は口臭カウンセリングを受けましょう。

自宅でのケア用品を購入する場合もあり、その場合は別途費用が必要になります。

○(3)再診

1~2週間に一度の頻度で通院し、改善が見られるか診察してもらいます。

約2カ月で完治を目指します。

以上が一般的な診察の流れです。

なお口臭は厚生労働省の定める保険診療には入っておらず病気として認識されていないため、治療費用は保険適用外で全て自己負担となります。

病院によって診察方法や料金が違ってきますので、事前に複数の病院を調べて比較してみると良いでしょう。